ごあいさつ

大学教育開発センター長
森田 勲
大学教育開発センター長 写真

 本学の「大学教育開発センター」は、「全学教育」のプログラムを開発し、その実施と改善を通して教育の発展に資することを目的として、平成19年4月に設置されました。平成24年度からは、更に組織の見直しを図り新しい体制のもとでスタートいたしました。今日ほど、高等教育の「質保証」が大きく問われている時代はありません。本学が社会の負託に応えられるように、これからも教育の内容・方法の改革を推進していく必要があり、その重責を痛感しております。

 本学には、現在、4学部6学科(薬学部・歯学部・看護福祉学部看護学科/臨床福祉学科・心理科学部臨床心理学科/言語聴覚療法学科)が設置されています。それぞれの専門教育において教育力の向上を推進し、大きな成果を上げて参りました。本学の大きな責務は、入学する学生に対して、各専門分野の国家試験や専門職能人としての資格試験に合格するという価値を付加することであります。平成21年4月より、本学では更なる教育体制の充実を図るという観点から、「全学教育プログラム」 をスタートさせました。全学部の学生を対象とする「導入教育」・「教養教育」・「基礎教育」、そして全学部に共通の内容をもつ「医療基盤教育」という科目群からなる初年次教育を展開する体制となっています。

 本学の学士課程教育は、「全学教育プログラム」と4学部のそれぞれの異なる専門性の教育内容をもつ「専門教育プログラム」の2つの柱からなり、両者は有機的に連携しながら教育を展開しています。本学の教育使命は、「新医療人育成の北の拠点」として地域の医療・福祉で貢献できる人間性豊かな専門職能人の育成にあります。全学教育においては、人間力の基盤を築き、それぞれの専門性をしっかりと支えることができるように、今後もその教育内容を充実・発展させていくことが求められています。

 大学教育開発センターには、「センター運営委員会」の下に、全学教育科目を主に担当するセンター専任教員からなる「教員会」を配置しております。教員会には「語学系」・「人文社会科学系」・「自然科学系」・「運動科学系」からなる分野を設けて、それらの分野を基本にして活動していくしくみとなっています。大学を取り巻く環境は大きく変化していますが、教育には「不易流行」という言葉があります。本来あるべき教育と時代のニーズに応える教育との双方のバランスを考慮しながら、新たなセンター組織のもとで教育改善を図っていく考えであります。全教職員と十分に意思疎通を図りながら、知恵を出し合って、特色あるかつ魅力ある教育の創造をめざして活動して参りたいと考えておりますので、今後とも一層のご支援を賜りますことをお願い申し上げます。

ページトップへ