学内専用

シラバス(授業計画)作成要領についての補足説明

ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

カリキュラム・マップやツリーに基づき、最も該当するDP番号、それ以外に該当するDP番号の順に記載する。 (書き方の例:DP4,1,5)

**************************************************************

北海道医療大学は、各学部・学科の教育理念・目標に沿った学士課程の授業科目を履修し、保健・医療・福祉の高度化・専門化に対応しうる高い技術と知識、優れた判断力と教養を身につけ、かつ各学部が定める履修上の要件を満たした学生に対して「学士」の学位を授与します。

本学薬学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 生命の尊重を基本とした他者に対する深い愛情と豊かな人間性を身につけている。
  2. 最新の医療分野の進展を理解し、それを遂行できる薬学の基本的知識・技術を修得している。
  3. 医薬品に関する基礎および応用の科学的知識を修得している。
  4. チーム医療を担う一員として、他のスタッフと協調して医療に貢献できる態度と技能を身につけている。
  5. 国際的および地域的視野を有する医薬品の専門家として活躍できる能力を身につけている。
  6. 薬剤師として保健・医療分野における社会的使命を遂行しうる能力を修得している。

本学歯学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 人々のライフステージにおける疾患の予防、診断および治療を実践するための基本的な医学、歯科医学、福祉の知識および歯科保健、歯科医療技術を修得している。
  2. 「患者中心の医療」を提供するために必要な高い倫理観、豊かな人間性および優れたコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 疾患の予防、診断および治療の新たなニーズに対応できるよう生涯にわたって自己研鑽し、継続して自己の専門領域を発展させる能力を身につけている。
  4. 歯科医療の専門家として、地域的、国際的視野で活躍できる能力を身につけている。
  5. チーム医療(保健と医療と福祉)において協調し建設的に行動できる態度と能力を身につけている。

本学看護福祉学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 人間の生命および個人の尊重を基本とする高い倫理観と豊かな人間性を身につけている。
  2. 看護・福祉専門職に必要な知識・技術を修得し、健康や生活に関する問題に対して、適切な判断と解決のできる学術的・実践的能力を身につけている。
  3. 保健・医療・福祉をはじめ人間に関する様々な領域の人々と連携、協働できる実践的能力を身につけている。
  4. 社会環境の変化や保健・医療・福祉の新たなニーズに対応できるよう自己研鑽し、自らの専門領域を発展させる能力を身につけている。
  5. 多様な文化や価値観を尊重し、地域的・国際的な視野で活躍できる能力を身につけている。

本学心理科学部卒業のために臨床心理学科、言語聴覚療法学科ごとに以下の要件を満たすことが求められる。

臨床心理学科

  1. 心の問題にかかわる職能人として必要な幅広い専門知識を修得している。
  2. 社会の変化、科学技術の進展に合わせて、専門性を維持向上させる能力を獲得している。
  3. 社会の様々な分野において、心の問題を評価し援助する基礎的技能を修得している。

言語聴覚療法学科

  1. 言語聴覚士としての幅広い専門知識と技能を有し、近年の著しい医療技術の進展に合わせて常に専門性を検証し、積極的に自己研鑽できる能力を身につけている。
  2. 生命の尊厳と専門性の関わりを常に意識し、患者の抱える問題に共感できる感性を身につけている。
  3. 地域社会や国際社会において、言語聴覚障害に関する医療の発展に貢献しうる学識と実践力を身につけている。

本学リハビリテーション科学部卒業のために以下の要件を満たすことが求められる。

  1. 生命と人権の尊重を基本とした幅広い教養、豊かな感性、高い倫理観とコミュニケーション能力を身につけている。
  2. 関係職種と連携できる実践的能力を身につけている。
  3. 保健・医療・福祉の分野において、地域包括ケアの視点をもって専門技術を提供できる能力を身につけている。
  4. リハビリテーション専門職として必要な科学的知識や技術を備え、心身に障害を有する人、障害の発生が予測される人、さらにはそれらの人々が営む生活に対して、適切に対処できる実践的能力を身につけている。
  5. 社会の変化や科学技術の進展に合わせて専門性を検証し、積極的に自己研鑽できる能力を身につけている。