全学教育プログラムの推進

 導入教育(大学で学ぶ方法を身につけ、学ぶモチベーション、専門的学習へのモチベーションをつける)、教養教育(総合的人間形成のコアとなる科目)、基礎教育(専門教育の基礎となる科目)医療基盤教育(医療系大学として学部に共通のコアとなる科目)、その他に入学前教育(受験合格後に本学で学ぶモチベーション維持と学力増進)などの教育プログラムを全学的な協力によって推進します。

 これらの教育プログラムに全教員が責任をもつ「全学教育」として位置づけて、センターは、これらの全学教育の開発、立案、実施を担います。

専門教育プログラム

 全学教育は、専門教育から独立するものではなく、有機的に連携し、専門教育を強化するものです。専門教育カリキュラムも、本学の教育目標のもとに、共通の設計理念が求められるため、センターは、全学的な視点から、専門教育プログラムの設計や教授法等を支援します。

教育改善、教育の質の向上に対する大学の戦略

 「大学教育開発センター」は、時代に応じた大学教育の動きを鋭敏に捉え、本学の教育改善、教育の質の向上を持続的に推進していくために、大学教育を実践研究にもとづいて、全学教育カリキュラム開発(教育プログラム開発)、教授法開発(情報機器活用教育を含む)、教育評価法開発(教育システム評価、教員教育評価、授業評価など)、FD(教員教育能力開発)も担当し、本学における教育戦略に迅速かつ建設的に関与し、本学の今後を担う教育力向上、教育戦略を多面的に先導します。

ページトップへ